fumah BLOG

とことんまでオープンソースのロボットHACOで民主的に家庭向けパーソナルロボットの普及を目指している株式会社Yokiの代表。また、働き方を自由でフラットなものにすることが、社会問題解決の肝だと信じて並行して二社目立ち上げ中。そんな東出風馬のブログ。

プロジェクトを民主化して多様な芽が生まれれば世の中ましになるかも --- 働き方生き方01

連載ブログをスタートしてみようと思っています。

働き方、生き方について、

 

基本的には、新しい働き方、生き方を生み出すべく僕がやっている活動やインタビューについてまとめていこうと思っています。

ただ、活動やインタビューをまとめる上で、僕の基本的な考え方や今やっていることについてまとめておく必要があるので、今回はそんなことを書いてきたいなと思っています。

 僕は今株式会社Yokiというロボットメイカーの代表をしています。

僕がロボットメイカー起業を決意したのは、中学2年のときでした。

それ以来、

学校に部活動をつくる。

個人事業を立ち上げる。

ビジコンにでる。

など

ロボットメイカー起業に向けていろいろなことをしてきました。

そして、今年の2月に株式会社Yokiを起業。

現在HACOというロボットを販売にむけ絶賛開発中というカタチです。

 

起業を志してから長いこと僕は、”行き過ぎた、偏りすぎた”資本主義は最低だと思っている自分の心と、対してロボットメイカーを起業して最後には今のAppleを目指すみたいなことを考えている自分の心との矛盾に苦しむようなことがずっと続いていました。

 

その矛盾の苦しみみたいなものが晴れたのはつい最近になってのことです。

 

2017年1月に高校の社会の授業で映画を観ました。

The True Cost

まあ、この映画は、世の中ではいろいろな問題が起こっているよね、

なんとかしないといけないよね、

みたいな問題提起だけしてエンドロールというようなよくある映画だったのですが、その映画のレポートを書いているときにある考えが浮かんできたのです。

 

「プロジェクトを民主化して多様な芽が生まれれば世の中ましになるかも」と。

 

簡単に言うと、

何か活動をしている人がいる、彼らの考え方の差はあれ、社会によいことをするという共通のミッションがある気がする、ならばもっと彼らのような人が生まれやすい環境を整えて、多種多様な活動の芽が生まれることのできる環境を創ることができれば、あらゆる社会問題が民主的に解決されていくのではないだろうか?

というものです。

 

物凄い楽観的かつ単純な考えです。

しかし、この基本的な考え自体はあっていると僕は思っています。

なぜあっていると思うのかなどは今後のブログで話していきたいと思います。

 

この楽観的な考えのもと推し進めているのが、

ideaSHARINGSEEDTREEというプロジェクトです。

 

ideaSHARINGは、アイディアを投稿して、ブラッシュアップさせていけるようなコミュニティー。今は、Facebookグループとしてやっています。

 

SEEDTREEは、シード期の活動家を取り上げていくニュースメディアです。

 

この二つで、様々な分野の活動家が”最初の芽”を出すときの広報的な側面、プロジェクトのブラッシュアップ的な側面をカバーできたらなと思っているわけです。

 

今まで芽がつぶれてしまっていた活動家がつぶれないで成長できる環境をととのえることで、社会問題を解決する活動家を増やせたらなと思っています。

 

そして、この立ち上げ中のプロジェクトを含め、新しい働き方が生み出す社会問題の解決みたいなものを、卒業論文(僕の高校にはそういう面倒くさいものがあるのです、、、笑)のテーマとして決定しました。そこでの考えの変化、ブラッシュアップ、インタビューなどをこのブログに書き溜めて行こうと思っています。

ぜひこのブログを読んだ方、コメントをお寄せください。

様々な分野で働いている方、様々な境遇をお持ちの方、どんどんコメントしてくださると本当に助かります。

よろしくお願いいたします。